お知らせ

中池見ねっとは、5月より、中池見人と自然のふれあいの里の業務から離れました。

咲き始めが早かったサワオグルマですが、思ったより4月に暖かくならなかったせいか、ほぼ、例年通りの咲き具合になりました。

といっても、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ビジターセンターは閉鎖していますし、当面は不要不急の外出は避けなければという状況ですので、せめて、今年の様子はこんな感じと、脳内散策にご活用いただき(笑)、中池見に思いを馳せていただければと思います。

 

 

さて、急なお知らせではありますが、

中池見ねっとは、この4月をもって中池見人と自然のふれあいの里の管理業務及び湿地内での保全作業業務から離れました。4月半ばに急に決まり、この間引っ越し作業に忙殺され、ご報告及びご挨拶が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

2010年から携わってきて、今年でちょうど10年でした。大変心残りもありますが、私たちの力不足であり受け入れるしかありません。それでも、このセンターの業務に携わってきたからこそ、多くの皆さんと出会い、教わることや助けていただくことが多く、本当に楽しく幸せな10年でしたし大切な財産です。皆様には本当にお世話になり、感謝の気持ちしかありません。

 

などというと、もう中池見から離れるの?と思われてしまうかもしれませんが、もちろんそんなことはありません!私たちは中池見湿地の保全のために活動する団体ですので、これまで行ってきたミニ田んぼサポーター事業や外来種防除活動などは、これからも行っていきますし、湿地のご案内なども行っていきたいと思っています。

センターに常駐こそしていませんが、コロナ問題が収束し、活動を行うことができるようになりましたら、これまで同様、皆様といっしょに様々な活動を行っていきたいと思いますので、どうぞ、その節は皆さまのご参加ご協力をよろしくお願いいたします。

 

ビジターセンターもこの4月より、これまで以上に開かれた場所として活用できるようにと制定された条例が施行されています。

どうぞ、皆様もビジターセンターをご活用いただき、市民の憩いの場所として、子どもたちの育みの場所として、これまで以上に中池見が敦賀市民の皆さまにとって大切な場所となることを願っています。

 

ちなみに、今年のミニ田んぼの田植えは、サポーターさんたちに代わり、スタッフのおばちゃんたちが丁寧に植えてくれました。

いつもどおりに植えられた稲がいつも通りに育つように、田んぼに通いたいと思います。

(区画ごとに名札もついてますよ!)

 

なお、連絡先は、これまでと変わりませんので、お問合せなどは、下記、電話かメールにてご連絡いただければと思います。

NPO法人 中池見ねっと

info@nakaikeminet.raindrop.jp
090-8269-9801

 

コメント

  1. のぶどう より:

    開発計画から数十年。
    ガスタンクの立ち並ぶ恐怖から逃れ、廃棄物に埋もれる懸念から脱却し、奇跡の場所を繋げて来ました。
    対立の現場を共働を実践する場に変えて来ました。
    まずは、よくやって来たと互いに認め合いましょう。
    そして、これからの活動をより楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました