中池見の生きもの

みんなで報告会のお知らせと2/26日の記事の補足

こんにちは!浅利です。

前回のアリ展示の投稿ですが、少しこちらの都合で編集させていただきました。

 

さて、3月のみんなで報告会のお知らせです。

他にも大阪市立自然史博物館の藤江さんが中池見で見つかった新種のハチの資料展示をしています。

残念ながら当日本人は都合により来られないとのことですが、とても興味深いので個人的には楽しみです。

 

前回(2/26日の記事)の補足です。

今展示しているアリは

ムネアカオオアリ

ムネボソアリ

ウメマツアリ

ヤドリウメマツアリ

キタウロコアリ

ヒラタウロコアリ

ホソノコバウロコアリ

になります。

それに加え、ハヤシケアリのワーカー(働きアリ)だけの展示を用意しました。

何故かというと、好蟻性昆虫を展示したかったからです!

アリヅカコオロギ、ケムネチイロアリヅカムシが入っているのでよく観察してみてください。

そのうちヒゲナガニセハリアリとトゲズネハリアリの展示もしようと考えています。

 

種の詳細はまたいつか説明しようと思います。

このアリ展示はみんなで報告会に向けての展示になります。

4月以降はアリのを展示するかわからないので興味のある方はお早めに

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました