ミニ田んぼ

田んぼの恵みをいただきます!

報告おそくなり、スミマセン・・・

6月30日に「ミニ田んぼでご飯とおかずをいただきます!」ワークショップを、

ミニ田んぼサポーターの皆さんを対象に開催しました。

事前にスタッフが、ザリガニとタニシを捕獲・洗い・泥抜きをしておきました。

サポーターの皆さんは、自分の田んぼの草取りをしながら、デンジソウとコナギを採取。

さあ、いよいよ調理開始です!

講師は、藤本よしこさん。
この日のために、メニューを考えていただきました。

 

まず茹でたタニシを、ようじで貝から取り出します。

中に稚貝がたくさん詰まっていましたが、歯触りを良くするため取り除きました。

タニシをようじで取り出します。

頼もしい、慣れた手つき!

みんなで材料を下ごしらえ

 

 

ザリガニは、臭みを取るため日本酒を振り茹でます。

酔っ払いザリガニ、跳ねる跳ねる!

酒に酔うザリガニ

茹で汁も捨てずに、パエリアに入れて炊き上げます。

左がザリガニ、右の黄色いのがタニシの出し。

 

デンジソウの下ごしらえ。

根と葉を分ける、非常に根気のいる作業(1番大変だったかも!)を経て、茹でていきます。

茹でます

 

こちらは、コナギ。茹でて、柚味噌あえにしました。

こなぎ

 

デンジソウは、タニシの出しで おひたしに。

茹でても、目減りしません。食べごたえ在り。

おひたし

 

パエリアも炊きあがりました~!!

ザリガニは、プチトマトよりも鮮やかな赤です。

身はとても小さいですが、エビよりも柔らか。

タニシは、歯応えと旨味が凝縮され、パエリアに深みを与えています。

美味しい~!!

しかも、完全に無農薬ってわかってるから安心!

藤本さんからは、

『中池見の田んぼは丸ごと美味しい!』って言っていただきました!

嬉しい~!

 

下ごしらえが大変で手間がかかりましたが、貴重な体験でした。

藤本さん、サポーターの皆さん、ありがとうございました~!

 

なお、このプロジェクトは、日本湿地保全連合とラムサール・ネットワーク日本が共同で実施しているプロジェクトWISEより支援をいただいています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました