中池見の虫

アキアカネもそろそろ飛び納めかなぁ。

ピンカンのいいお天気!
これからの季節、なかなかない穏やかな一日でした。
わくわく山が呼んでいる気がして・・・(笑)
わくわく山から 
冬枯れて、茶色というよりはベージュ、
全体に徐々に色が抜けているような、
白に近づいているような印象です。
朝こそ冷え込みましたが、
陽のあたる場所は暖かく、
まだこんなにいたのかと思うほど、
たくさんのトンボの姿を見ました。
アキアカネ
わくわく山で日向ぼっこをしているアキアカネ。
ふわっと飛んでは、また戻るを繰り返していました。
師走に入りましたし、
そろそろトンボたちも、飛び納めになるのかなぁって感じです。

コメント

  1. がっきー より:

    教えてほしいことがあるのですが…。
    舞若道の開通工事を行った際に、出た土の一部を
    中池見湿地に置いておいたら地盤沈下により
    池ができ、トンボの種類が変化したと聞きました。
    その池ができたことにより
    増えたトンボと減ったトンボの種類を
    ご存知であれば、教えていただきたいのですが
    わかりますか?
    よろしくお願いします。

  2. スタッフuenoyama より:

    がっきーさん、こんにちは。
    お問い合わせいただいているのは、笹鼻江上流部の池のことだと思いますが、まず、舞若道ではなく、8号線バイパス道路の際の土を入れたことによる(1990年頃)、地盤沈下でできました。中池見のトンボの種類の変化はありますが、その原因をこの池ができたことによると断言することは難しいかなと思います。ただ、かつてそう多くはなかったチョウトンボやアオモンイトトンボは、この池の周囲に多く見られるようになったと言われています。

タイトルとURLをコピーしました