中池見の風景

近畿大学の学生さんたちがお越しになられました!

やっと北陸地方も梅雨入りして、まとまった雨が降る日も多くなってきました。
そんな中、近畿大学の学生さんたちが実習で中池見へお越しになられました。

皆さま生き物が好きな学生さんということで、
どんよりとしたお天気でしたがタモ網が配られた時点でかなりテンションが上がってました。

カゴ罠も体験していただきました。
はじめて見る生き物も多かったみたいで、皆さん随分盛り上がっていました。
そのあと、トンボの観察をしに笹鼻池へ。
少し寒かったのであんまり飛んでないかなーと期待していなかったのですが、
数は少なかったものの色々な種を見ることができました。
そして、今の時期の目玉であるアオヤンマさんも現れてくれました!

「すげー!めっちゃ綺麗やん!」と学生さんたちにスマホでパシャパシャ撮られるアオヤンマ♂
最近見かける機会が増えたとはいえ、ラッキーでしたね!
ひとしきりフィールドで楽しんだあとは、センターに戻ってきました。

将来、環境保全に携わりたいという思いの学生さんも多く、
現場での仕事に興味があるということで、私達が保全をしていく上でぶつかる様々な問題について一緒に考えました。
最初は恥ずかしがっていたものの、皆さま積極的に手を挙げていろいろな意見を述べて下さいました。
(先生も「普段の授業よりもだいぶ積極的でした」とおっしゃってました笑)
最近では特に、愛護意識や保全すべき自然のあり方などで意見が対立したりすることがしばしばあります。
こういった問題には決まった正解というものがなく、状況に応じて常に考えていかなければいけません。
普段からそういった問題について意識されている方も多かったみたいで、
私達も「なるほどな~」と思うような意見も出てきました。
これを機に、将来自分たちがどういった形で保全と関わっていくべきか考えて頂けると嬉しいです。
近畿大の皆さま、本当にお疲れさまでした。
これからも勉学に励み、夢を叶えられるよう応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました