お知らせ

6月の自然観察会は「中池見のトンボたち」

天気予報がどんどん変わる今日この頃(笑)

気候に振り回され、暑いと思えば、寒いような、
そんなこんなで、体調不良の人も多いような・・・
さて、県内で確認されているトンボの数は94種、
そして、中池見で確認されているトンボの数は、その7割以上にものぼる72種と、
県内はもちろん、国内でも有数のトンボの産地の中池見です。
6月は、春のトンボと夏のトンボが混在して、
一年の中でも特に種数の多い時期です。
というわけで、今月の観察会は、中池見のトンボをテーマにしています。
観察会チラシ
講師に、長年中池見のトンボを調査してくださっていて、
『中池見湿地のトンボ 観察ガイドブック』の編集もされた、
和田茂樹さんをお迎えし、
フィールドでトンボを観察しながら、その魅力をたっぷりと伺います。
トンボ大好き少年が、そのまま大人になったような、というか、
そのままトンボ大好き大人になった(笑)和田さんの、
トンボ愛溢れる観察会、どうぞ、ご参加くださいませ!
観察会について、詳しくはこちら
ちなみに、昨年のトンボの観察会で自然史博物館の梅村さんから教えていただき、
それから狙っていた、ハラビロトンボの顔にあるきれいなブルーの模様、
オスメスの両方を撮りたいなぁと狙って、何とか撮れました~!
ハラビロトンボ♂
ハラビロトンボ♀
やった~!!
一人で悦にいっています、勝手に喜ばせてください(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました