中池見の虫

スタッフNの閲覧虫意 第一回トワダオオカ

はじめまして。新米スタッフのNと申します。
今年春からふれあいの里でお世話になっております。

突然ですが、この度連載枠を頂けることになりましたので、

新連載「スタッフNの閲覧”虫”意」を始めさせて頂きます!!
このコーナーでは、中池見に生息するマイナーな生き物(主に昆虫)を
紹介させて頂きます( ̄ー ̄)

タイトルの通り、昆虫が苦手な方にとっては閲覧注意なコーナーですが、

本当にグロテスクな画像を貼ったりはしませんのでどうぞお気軽にご笑覧ください。
これまでスポットライトの当たらなかった湿地の一員たちの魅力を
少しでもお伝えできればと思います。

では早速、第一回目はこちらの昆虫です!

トワダオオカToxorhinchites towadensis

皆様ご存じの蚊です。

こやつには、お家の中や藪で刺してくる蚊とは
一味どころか二味も三味も違うところがあります。
この写真からは伝えづらいのですが、
実はこの蚊は日本で最も大きな蚊で体長はなんと1cmもあります!
フォントサイズで表すと、
普段見る蚊が  なら、トワダオオカは  くらい大きいです。
いかに巨大かお分かりいただけましたでしょうか?
こんな巨大な蚊に刺されたらと思うとゾッとしますが、ご安心を。
成虫は花の蜜を吸うのでヒトには全く危害が及びません。
それどころか、幼虫は別種の蚊の幼虫(ボウフラ)を食べてくれるそうです。

そしてよく見るとこの蚊、
ブルーメタリックなボディに黄色のストライプが映えていてなんともカッコイイですね!
しかもこの蚊、自然度が高い森林にしか生息していないとされており、
福井県でも希少種として扱われています。
珍・美・大を兼ね備えている蚊のスーパースターなのです!

そんなトワダオオカをご覧になりたい方は、

ぜひ蛇谷や後谷の林縁を丹念に探してみてください♪
発生のピークは過ぎているので今年はもう少なくなってきましたが、
運が良ければ見つけられると思います!
また、センターでも標本の展示を行う予定なので、
お立ち寄りの際にはぜひご覧ください!

コメント

  1. のぶどう より:

    おぉ、新連載!
    中池見に行って、蚊に刺されたぁっていう経験がないのが不思議だなって思っています。
    いろんな生き物がいるからかなって考えていますが、ボウフラを食べる蚊がいたのね。

  2. スタッフN より:

    コメントありがとうございます。
    確かに、中池見は意外と蚊が少ないですね。
    はっきりとしたことはわかりませんが、おそらくトンボなど天敵が多いのが理由の1つだと思います。

タイトルとURLをコピーしました