お知らせ

口がウズウズ(笑)、中池見をつい自慢したくなっちゃう講座、開催します!!

ラムサール条約に登録され「国際的に重要な湿地」と、
世界から認められた中池見湿地。

何だか、すごいらしい、世界的な湿地なんだって、
そうは聞いたけど、何がすごいのか、何が世界的なのか、ようわからん、
そもそもラムサール条約って何?
などなど、まだまだ、その価値や魅力は、
ご理解いただけていないなぁと感じることも多いです。

ええとこやっていうのはわかるけど、
正直、うちの近所の田んぼと変わらんけどなぁ、
なんて声も聞こえてきます。
敦賀は本当に自然の豊かなまちなので、
特に、中池見が特別な気がしないというのもわかります。

なので、私たち中池見ねっとと、ラムサール・ネットワーク日本との共同開催で、
この秋、もっと市民の皆さんに、
ちゃんっと!中池見のことがわかる講座を企画しました。

まず第1回は、中池見で育まれている生き物同士のつながりをたどり、
その巧みさ、不思議さに触れていきます。
そして第2回は、この中池見の豊かな生態系を育み支えてきた器(地形)、
中池見で10万年以上前から繰り広げられてきた大地の物語を伺います。

また、2回を通して、ラムサール条約という、
世界中の湿地保護の知恵が集まってできた条約のこともわかる、
座学あり、フィールドワークあり、
対談、からの全員参加の座談会になだれ込む可能性大(笑)あり、と、
なんせ中身の濃ゆ~い欲張りな講座です。

そんなわけで、この連続講座にご参加いただいた後は、
「世界の中池見」
「世界の敦賀」
と、自信たっぷり豪語できるようになる、
いやきっと、誰かに言って歩きたくなるはず(笑)

定員30名限定で開催しますので、
どうぞ、お早めにお申し込みくださいませ。

中池見連続講座チラシおもて 

中池見連続講座チラシうら
****************************************************

2014エコトーンプロジェクト
ラムサール条約湿地 中池見連続講座
~奇跡のジオ(大地)が創った 世界に誇るエコシステム(生態系)~

ラムサール条約に登録され「国際的に重要な湿地」と評価された中池見湿地。
そこには、「里山」の一言ではくくれない、
豊かな生態系を支える中池見だけの特別な大地のシステムがあるのです。


第1回 10月5日(日)
10:00~11:00
ラムサール条約 湿地を守る知恵とその歴史
講師:花輪 伸一 氏
(ラムサール・ネットワーク日本共同代表)

11:00~12:00
中池見の水辺の生き物とそのネットワーク
講師:平井 規央 氏(大阪府立大学准教授)

13:00~ 野外観察 まとめ

第2回 11月2日(日)
10:00~11:30
生命を支える器「袋状埋積谷」という地形の成り立ち
講師:青木 賢人 氏(金沢大学准教授)

12:30~14:00 野外観察

14:00~
対談:豊かな「中池見湿地」を未来に手渡していくために
花輪 伸一 氏&青木賢人氏


■ と き 10:00~16:00(受付9:30より)両日とも
■ ところ 中池見 人と自然のふれあいの里
■ 定 員 30人 (要申込み・先着順)
■ 参加費 初回時に1000円

申込み・お問合せ:NPO法人中池見ねっと
TEL 090-8269-9801 info@nakaikeminet.raindrop.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました