中池見の虫

やっぱり鼻の穴に見えちゃう(笑)、マユタテアカネ

気温がぐっと下がり、
急に秋の気配が増してきましたね。
植物や動物も顔ぶれが、秋らしくなってきた気がします。
目の前にきて、草にとまってくれた赤とんぼ。

マユタテアカネ

赤とんぼ、というトンボはいなくて、
アカネ属のトンボの仲間を、
総称して「赤とんぼ」と呼ぶのだそうです。
なので、あんなに真っ赤っかなのに、
ショウジョウトンボは赤とんぼの仲間には入らないそうです。
で、このトンボは、マユタテアカネ。
これは、結構自信ありました(笑)
なぜって・・・
マユタテアカネ 
顔に黒い眉班と呼ばれる模様があるから。
しかし、眉班って・・・
眉か?これは(笑)
いつも思うのですが、私には鼻の穴に見えて仕方ないのです。
いや、もちろん、穴なんてないし、
鼻でもありませんが(笑)
私の中では、マユタテアカネは、ブタトンボ(笑)
赤とんぼの中でも、一番覚えやすくて、
馴染み深いトンボです。
このメスには、翅の先が濃い茶色になるものもいるそうで、
そういうタイプのトンボ、ノシメトンボに似ていることから、
ノシメ型メスというそうですが、
これまであまり気にしたことがなかったので、
この秋は、意識して探してみようと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました