中池見の植物

ドクダミの純白の花が、夜にはホタルの光のよう・・・

薬草と言われて、すぐに思いつくドクダミ。
ちょっと日陰の、しんみりした場所には群生していたりしますね。
ドクダミを毎年乾燥させて、ドクダミ茶にして、
元気に健康に過ごしておられる方も多いのでは?
ドクダミ
うっかり踏んづけると、何とも表現しにくいけれど、
一言でいえば、クサ~~(笑)
でも、乾燥させたドクダミ茶は、あの匂いは感じませんし、
むしろ、何だか効能を感じさせる風味です(笑)
実際、十薬(ジュウヤク)という別名があるほどなので、
まぁ、何にでも効く、
また、飲むこともできるし、入浴剤としても使える、
何より、本当にどこにでも生えているので、
山奥に採りに入らなくてもよい、お庭で育つ庶民の味方ともいえますね(笑)
ドクダミ
臭いさえ気にしなければ、
この純白の花は、十分鑑賞に堪えうる美しさです。
ちなみに、白い花びらだと思っていたら、
花びらではなく、蕾を包む葉の一種なんだそうです。
花は、真ん中の黄色い部分で、小さい花の集合体なんだそう。
そして今の時期、ホタルの観察会では、
この純白の花が、暗闇にぼんやりと光り、
うっかりホタルの光と間違えそうになります。
さて、そのホタルも見られる、
中池見ナイトウォッチングですが、
3回目となる、7月4日分には、まだ空きがありますので、
ぜひ、参加申し込みなさってくださいませ。
詳しくは、コチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました