中池見の虫

撮れたのはコサナエだけ(涙)でも、花の種類もトンボの数も増えました。

今日は、京都から
京都府立植物園のボランティアグループ“なからぎの会”の皆さんが、
お越しくださいました。
ふだん、植物園でのボランティア作業をされている皆さんなので、
散策の時間もたっぷりとってくださっていて、
しかも3班に分かれて、というご希望で、
それぞれにスタッフがつかせていただいたのですが、
ご案内をさせていただく側も、ついつい熱が入り(笑)、
誰も、ちゃんと写真が撮れていなかったという・・・
すいません・・・(苦笑)

それにしても、とっても詳しい方々もおられて、
かえって私たちの方が、教えていただくことも多く、
本当に勉強になりました。
日頃から植物たちを大切にされておられる方々だけに、
拙いご案内でしたけれども、
ご堪能いただけたのではないかと思います。

そんなわけで、皆さんの様子は残念ながら記録できずじまいだったのですが、
唯一、おおっ!と、とっさに撮れたのが、なぜかトンボの写真(笑)
今年初見(私は)のコサナエです。

コサナエ 


ちっちゃいけど、姿がかっこいいコサナエ。
翅の透明感が強かったので、もしかしたら、羽化したてだったのかもしれません。
この後も、田んぼのヒメビシの上をふわふわとイトトンボが飛んでいたり、
シオヤトンボだけではなく、シオカラトンボやハラビロトンボも、
田んぼ周辺を飛んでいました。

また、後谷の水路沿いでは、ヒラヒラとたくさんのカワトンボが飛び回り、
何だか、水辺が一気ににぎやかになってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました