中池見の植物

オウレンより目立っちゃうスゲ、ヒメンカンスゲ

ぼちぼち、実になっているものも出てきたオウレン。
とはいえ、まだまだいっぱい咲いていて、
林縁部はとてもにぎやかです。
このにぎやかさが画像では伝わりづらいのが、本当に残念なんですけどね(笑)
オウレン
で、この可憐な春の花、オウレンより、
確実に目立っちゃうのが、ヒメカンスゲ。

ヒメカンスゲ 

まだ緑の少ないこの時期に、
常緑の葉をバックに、白いぽさぽさとした穂がとても映えて、
すごく目立ちます。
オウレンとは違う可愛さがありますね。
私は、いつもセサミストリートのバートのぽさぽさ頭を思い出してしまうのですが(笑)
ヒメカンスゲ
先端についている茶色い穂が雄小穂、
その下にある、うっすらと白いひげ状のものがついた小さな穂が雌小穂です。
茶色い雄小穂がいわゆる開花する(おしべがニュゥっと出てくるだけですが)ことで、
白いぽさぽさの姿になります。
この一株の中に、その開花の段階が見て取れるのがおもしろいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました