中池見の生きもの

ヒルがみんな血を吸うわけじゃないんです! 緑色のヒルをご覧あれ!

落ち葉の裏はいろんな生き物の隠れ家。
陸上でも水の中でも特によく見かけるのが環形動物の仲間です。
環形動物というとぴんと来ないかもしれませんが、
ミミズやヒルの仲間というとちょっとイメージがわくかもしれません。
昨日、田んぼの中で見つけたこの生き物も、ヒルの仲間のようです。
緑のヒル
詳しい種類は分かりませんが、
大きさは縮んだ状態で1㎝くらい、伸びると倍以上になります。
何よりの特徴はこの色!
まるでヒスイのような色をしています(ちょっと言い過ぎ?)
一枚の葉っぱに3匹くっついていました。
緑のヒル
水の中から引き上げると、
体に幾筋も毛が生えているのが分かります。
分かりづらいですが、右側の少し細くなっているほうが頭です。
小さいのも同じ種類のようです。
緑のヒル
体が伸びてきました。目があるのが分かりますか?
あまり知られていませんが、ヒルやミミズの仲間にも
目を持つものがいます。
緑のヒル
意外とつぶらな瞳。
この種類は目が2つだけですが、
種類によっては10個以上の目を持つものもいるそうです。
ちなみに、このヒルは人の血を吸いません。
ヒルというと血を吸う生き物と思われがちですが、
日本に何百何千といるヒルの中で人の血を吸うのはほんの数種類。
ほとんどの種類が貝やミミズを食べて暮らしています。
緑色のヒルの近くには赤いヒルもいました。
緑のヒル
ヒルやミミズなど、イメージだけで気持ち悪がられてしまう生き物がいますが、
先入観を捨てれば、どんな生き物でも魅力的に見えてくる、
はずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました