中池見の両生・爬虫類

産卵間近?ニホンアカガエル

 スッタフMさんが、午前中は天気も持ちそうなので・・・ということで、
アメリカザリガニの生息状況調査に出かけていきました。
持ち帰ったバケツの中にザリガニのほかに見覚えのあるカエルが・・・。

ニホンアカガエルです。
それも子持ち!!
おなかが膨れているので、卵巣が成熟しているようです。
毎年、中池見の田んぼでは、2月の上旬頃に田んぼの中に卵塊を見ることができます。
この時期のアカガエルは、餌をほとんど食べることもなく、
じーっとしていることが多いそうです。
そこで、しばらく展示に協力してもらおうということで連れて帰ってきたわけです。

お腹の様子も見たくて、ひっくり返そうとしたら、
アカガエル特有の「キュッキュッ」と甲高い声で鳴いて、思いっきり抵抗されました(笑)
かわいそうなので、すぐに水槽に入れましたが、
あっと言う間に、石と木の間に隠れてしまいました(^_^;)

しばらくたってから、もう一度様子を見に行くと・・・。

こちら側を向いて、目をつむっているではありませんか(笑)
気持ちよさそ~(*≧∀≦*)
まるで、日向ぼっこをしているおばあさんの様な顔です( ´ ▽ ` )
よくよく水槽を見てみると、
木の枝にキベリクロヒメゲンゴロウ:準絶滅危惧(環境省カテゴリ)がいます。
もともとゲンゴロウ類が入っていた水槽だった所に、ニホンアカガエルが
おじゃまさせてもらったというわけです。
ニホンアカガエル、しばらくはセンターに展示をしていますので、
ご覧になりたい方は、ぜひ足を運んでみてください。
お待ちしています。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました