中池見の風景

今日は茅刈りの日、わくわく山も小坊主さんの頭みたいになりました(笑)

いい感じのススキの茅原になっていたわくわく山ですが、
そろそろ・・・ということで、ええお天気になった今日、
来年、またいい芽を出してもらうために、
茅刈りすることにしました。
わくわく山わくわく山
簡単に登れるわくわく山ですが、
作業となると、この斜面は結構、急です。
わくわく山
ものともせずに、刈っていくおじちゃんたち。
元気なススキにしたら、
来年もまた、ナンバンギセルがようけ出てきてくれるやろ。
うん、楽しみやね~。
一方、別の場所では、
おばちゃんたちが手刈りでススキを刈っています。
わくわく山
背の高い、よく育ったこの場所のススキは、
こもれびの道から出てきた場所に置いてある、
ニオ(ススキを束ねて置いてある)にします。
高さが2メートルはあるススキは、茎も硬くて大変そうです。
夕方近くになって・・・
わくわく山わくわく山
すっかり刈られて、小坊主さんの頭のようになったわくわく山から、
おばちゃんたちが、ススキの束を持って降りてきます。
手刈りで刈っていた場所のススキに比べると、
ちょっと丈が足りないと思われたわくわく山のススキですが、
良く伸びたものもあったようで、
刈られたものの中から、いい丈のものを拾っていたんですって。
ご苦労様です。
後日、ニオになった時に、またご紹介しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました