活動・イベント自然観察会

雨でもすごく楽しかったよ!「フィールドサインを探そう!」

自然観察会「フィールドサインを探そう!」の日。
講師は、昨年も来て頂いた、ニホンザルの研究者で “くらしといきものワークショップ”事務局
千々岩 哲(ちぢいわ あきら)さん。

朝からシトシトと、なかなかやみそうにない雨が・・・。
今日は、屋内プログラムになるのかな?と心配していましたが、
雨のやみ間を見計らって、レクチャーもそこそこに山の方へ!

センターからすぐのところで、さっそくフィールドサインが!
シカの食痕です。

皮がむけている木は、リョウブの木。
シカは、ヒメアオキ・ササなども好んで食べるようです。

これは、ササの葉をかじった跡。

この辺は、ササの葉がほとんど食べつくされています。
シカは、わざと繊維質のものを食べ、おなかの中の調子を整えているとのこと。
続いて、ほんの数メートル歩いたところにシカのフンも落ちていました。

シカは、歩きながらフンをするのでバラバラと落ちているのに対し、
カモシカはその場でとまって、まとまったフンをするとのこと。
フン一つを観察するだけでも、生き物の生活ぶりを感じることができるんですね!
まだまだ歩いていくと、今度はシカの角とぎ跡をした木を見つけました。

シカは一年で角が生え変わるとのこと。
ひょっとしたら、近くに角が落ちてるかもね?と皆さんで話つつ、次へと足を進めました。


イノシシのぬた場も観察しました。

イノシシはダニを落とすために、体に泥をぬりつけるようです。
たまに粘土質の土を食べて、体の中の寄生虫をフンと一緒に排出することもあるとのこと。
イノシシは、シカよりも意外ときれい好きなんですよ。という話も聞くことができました。
千々岩さんの話では、晴れていれば、まだまだ生き物のフィールドサインを見つけれれたかも?
とのことでしたが、雨も大降りすることもなく、皆さん「楽しかった~!」と大満足でセンターに
もどってきました。
雨の中ご参加くださった方、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました