中池見の風景

あっと言う間に冬が来るよ~!冬支度しよ!

 朝晩の冷え込みが、身にしみる今日この頃です。

 中池見の景色も、徐々に秋から冬へと変わりつつあります。

 今日は朝から、スタッフのおじちゃんたちが、はさ場の解体や、農家の雪囲いなど、
 
 冬に備えて準備をしてくれました。

 まずは、はさ場の解体。

長い竹が、あっと言うまにはずされ、まとめられました。

上にかぶせてあるワラは、「どうがい」と言って、稲穂を取った後のワラで編んだものです。
雨よけになるそうですよ。

続いては農家の雪囲い。


昨年は、コンパネ板でしたのですが、今年は見栄えもよくしようと言うことで、
竹簾で取り付けてくれました。
おじちゃんたちの手際のいいこと!

こちらもあっという間に取り付け完了です。

おじちゃんたちが、「農家の中から見てきてみ~!めっちゃええで~!」とのことなので、
さっそく中へ!

わ~っつ!どこかの旅館のパンフレットに載っていそうな風景!
思わずパチリ!

竹の間から景色が見えて、何ともいえない風情が感じられます。

最後に、農家前に実っている柿の柿もぎ。

平均年齢60いくつのおじちゃんたち。
高い所も全然平気みたいです。

「子供のころは、遊びに行きたいのに、柿もぎさせられて嫌やったんや~!」
と言いながら、楽しそうに柿をもいでました。
下では、こんなにたくさんの柿がとれました。

中池見の冬も、あっと言う間に訪れます。
天気のよい日を見計らって、残っている冬支度もおこなっていかないと・・・。

しかし、寒いのは嫌だ~~!!(笑)と思っているのは私だけ??

コメント

  1. のぶどう より:

    この記事へのコメントとちがうのですが、
    ネイチャーおおさかのHP「野山のたより」コーナ-に中池見の写真が投稿されていました。
    http://www.nature.or.jp/open_space/photo/noyama201311.html
    「ミズトラノオとクサネム」というタイトルです。

タイトルとURLをコピーしました