中池見の生きもの

なんでそんなとこに作るかなぁ、ガラス窓から見えちゃいます、カヤネズミの巣

マコモに作られたカヤネズミの巣です。
中池見のカヤネズミは、マコモで巣を作ることが多いので、
これ自体はめずらしくないんですけどね・・・

カヤネズミの巣 

問題は、この場所なんですよね。
この時期は、特に、カヤネズミは子育てシーズンということもあり、
観察会以外、巣がある場所は詳しくお知らせしないようにしているのですが、
この巣については、こんなところに作っちゃったもんですから・・・
カヤネズミの巣
あえて、サインを立てて、木道から観察していただけるようにしました。
センターからガラス越しに、丸見えの状態(笑)
木道から2メートルほど離れているだけの場所です。
見た感じ、小さめですし、
とにかく、場所が場所ですから、落ち着いて子育てはできそうにないことから、
恐らく、子育てのためには使っていないのではないかと思います。
でも一応、念のために、
木道からそっと見守っていただくようにお願いします。
カヤネズミの巣
巣のアップです。
マコモの葉が細かく裂かれているのがわかります。
裂いた葉を編みこんで、このような球状の巣を作ります。
器用でしょう?
カヤネズミはヒトの手の親指ほどしかない、
日本で一番小さなネズミです。
草原でしか生きられない生き物で、
草伝いに移動するので、
人家に入って悪さなどをすることはありません。
時に、土手の草原などが田んぼのそばにあったりすると、
稲が育って大きくなった時期だけ、田んぼに巣を作ることがありますが、
カヤネズミは、どちらかと言えば、お米よりヒエなどの方が好みだそうで(笑)
しかも雑食性なので、田んぼの害虫なども食べたりします。
田んぼに巣を作るのは、お米が目当てというよりは、
巣材としての稲に目がくらんだゆえの所業(笑)、
害虫も食べてくれるということなので、
そのお駄賃と思って優しく見守っていただければと思います。
昔は、茅葺き屋根の葺き替えのために、里には管理された茅原があったり、
河川敷も今のように一気に刈られたり、造成されたりということもなく、
カヤネズミの棲みかとなる草原が当たり前にありました。
でも、今では昔のような草原が激減するに従い、
カヤネズミは全国的に数を減らして、各地で絶滅が危惧されるようになりました。
緑化のために植樹したり、花壇を作ったりということはされますが、
草原(藪ではない)を大事にする、ということは、あまり考えられていないと思います。
でも、カヤネズミのように、草原が必要な生き物たちはたくさんいることを考えると、
生物多様性豊かな草原を保全するということも、
意識されるようになってほしいなぁと思います。
姿はなかなか見ることができないカヤネズミですが、
こんな巣があるってことが、カヤネズミたちが元気に暮らしている証しです。
この場所だけでなく、もしも、どこかでカヤネズミの巣を見つけても、
決して触ったりしないで、そっと見守ってあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました