中池見の植物

大きくても、ひっそり感ただようキセルアザミ

秋の中池見に欠かせない花として、キセルアザミがあります。
アザミというと、全体が大きくて、ギッザギザの痛くて大きな葉っぱ、
花もたくさんついていて、1つでも存在感あるイメージが強いですが、
このキセルアザミは、丈はそこそこあり、
葉もギザギザで痛いけれど、下の方にちょぼちょぼあるくらいで主張しません。
花もたいがい、先に一つか二つ咲かすくらいです。

キセルアザミ 

しかもこのようにうなだれて咲くので、
本当にひっそりとしたたたずまいです。
いつもは、センター前にわんさかと咲いてくれるのですが、
今年は、本当にひどくイノシシに掘られてしまって、
いっそうひっそり感が強くなってしまいました。残念。
でも、もちろん、湿地のあちらこちらには、
いっぱい咲いている場所もありますから、
ぜひ、うなだれてる子たちを励ましてあげてください(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました