中池見の風景

咸新小も稲刈り終了~ ステージ発表もがんばってね!

週末、またしても悪天候の予報です。
稲は早く刈って!って頭を垂れているのに、
お天気との都合がつかない悩ましい状況です。
咸新小稲刈り 
そんな中、生き物学校田は、先日の赤崎小、気比高校付属中に引き続き、
咸新小の皆さんが稲刈りに来てくれました。
咸新小稲刈り
よく実ってます。
刈った稲はバッテンにして置いてってね~
咸新小稲刈り
ほとんど刈れたところで、休憩~
でも、泥に足を取られて、田んぼの外に出るのも一苦労。
先生に救出してもらったりして(笑)
柔らかい泥に入っての田植えより、
水を抜いて粘りの強くなった泥田の稲刈りの方が、
暑さもあいまって数倍大変です。
コバギボウシ
作業している田んぼの水路沿いには、コバギボウシが満開に。
咸新小稲刈り
おばちゃんたちの応援もあり、無事稲を束ねて、
バケツリレー方式で、校長先生の軽トラに運びました。
皆さん、ご苦労様~
ミニ田んぼ稲刈り
センターに戻ると、ミニ田んぼサポーターさんが、
台風前にと、一生懸命稲刈りしてました。
今日刈れば一安心です。
台風の被害も心配ですが、それ以上にイノシシが心配。
週末と言えば、敦賀祭りも心配ですね。
この時期、本当に天気には悩まされます。
薪の準備
なんと、センターの裏では、薪が運び込まれていました。
間伐して乾かしていた薪を、この冬に向けて少しづつ準備を始めるとのこと。
稲刈りにしても、冬の準備にしても、
自然相手ってこういうことって、改めて思います。
暑いけれど、季節は巡るのですもんね~、いつまでも夏じゃないんです、
当たり前だけど(笑)
ところで、稲刈り終了した咸新小の皆さん、
9月8日~14日に開催される、
「SATOYAMA国際会議2013inふくい」での、
福井こども環境教育フォーラム(9/8 越前市)で、ステージ発表されるそうです。
今日の稲刈りのことも、発表するのかな?
とにかく、がんばってくださいね~~!

なお、発表を見るためには、申し込みが必要だそうです。
しめきりまで時間がありませんが、
どうぞ、ご参加くださいませ。

参加申し込みや、スケジュールなどについては、
下記からどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました