中池見の虫

林の中で出番待ちってとこ?ノシメトンボにナツアカネ

暑い日差しの中でも、
元気に飛び回っているトンボがいるかと思えば・・・

ノシメトンボ 

林縁部で、静かに枝先にとまっているのは、ノシメトンボ。
雄はだんだん茶色くなるそうですが、
この個体は多分雌だと思うので、色はこれ以上つかないようです。
ナツアカネ
こちらは、同じ林縁部にいたナツアカネ。
雄のようですが、まだ、それほど赤くなっていません。
なんせ赤くなると、顔まで真っ赤になりますから、
それで、ナツアカネの雄だなとわかります。
こちらも、この林縁部でひっそりとしています。
いわゆる、赤とんぼの仲間たちの多くは、
出番が「秋」のイメージが強いですね。
ニュースの気象コーナーでも、明日は暦の上では処暑とのこと。
暑さも終わる、ってことらしいですが、どうでしょうね。
久々にまとまった雨が降りそうなので、
この猛烈な暑さもひと段落するのかもしれません、
というか、そうなってほしいという願望で、
「処暑」にすがりたい気持ちです(笑)
とはいえ、こうして暑さを避けてる秋のトンボたちを見ると、
秋はまだまだかもしれないけれど、
でも、着実に季節も進んでいるんだよね、と、
ちょっとホッとしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました