中池見の植物

自然は厳しいね、咲き始めたヌマトラノオでも命のやりとり。

まずは、残念なお知らせから・・・
昨日お伝えしたばかりの、不思議の池でのカルガモの抱卵。
今朝には、8個の卵が1個になっており、
その1つもお昼にはなくなっていました。
ヘビか、イタチか、カラスか?
ともかく、誰かに食べられてしまったようです。
自然の厳しさとはいえ、
ちょっと微笑ましいカルガモ親子を想像してしまっていたので、残念です。
そのようなわけで、今月の観察会は予定通り不思議の池で行います。
さて、こちらは中江道にあるヌマトラノオの群落です。

ヌマトラノオ

下の方から少しづつ咲き始めました。
センターのそばの群落は、ぽつぽつと花芽がつき始めた程度なので、
こちらは、早いですね。
さっそく、モンシロチョウが花の周りを飛び回り、花の蜜を吸っています。
ヌマトラノオ
と、思ってよく見ると、
実は、ハナグモの仲間に捕まっていたのでした。
ヌマトラノオ
ヌマトラノオの花と変わらない、小さなクモですが、
がっちりとチョウの首根っこにかぶりついている様子。
自然は厳しい、と同時に、命はめぐるってあらためて思います。
生まれなかったカルガモの卵も、誰かの命につながってるんだよな、
あったりまえなんだけど、
それ見てちょっとだけしんみりしたりして・・・。
あくまで自分勝手な見方ですけどね。
微笑ましく見てしまう親ツバメのエサやりなんて、
雛の口に入れられる虫の立場でいえば、
オレのためにしんみりしろよって話です(苦笑)
でもまぁ、当たり前が当たり前すぎて、粗末なことにならないためにも、
こんなこと感じる機会は、
今どきの生活をしている私たちにはもっと必要かも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました