中池見の虫

カワトンボのドラマが次々繰り広げられ・・・

この時期、水路や小池の近くでは、ヒラヒラと飛ぶカワトンボが見られます。

この日も、後谷の田んぼの様子を見に行った際に、
水路沿いをのぞいてみると、たくさんのカワトンボ
(たぶん、ニホンカワトンボだと思いますが)が、飛んでいました。
水の流れを背景に、草にとまるきれいなカワトンボを撮りたいと狙いますが、
なかなか、思うように撮れないでいたところ、
突然、シオカラトンボが水面に落ちてきた、と思ったら、
土留め板に産卵していたカワトンボを捕えていたのでした。
まさに、じぇじぇっ!
シオカラトンボは、捕まえたカワトンボを持った(くわえた?)まま、
一度は地面に降り、そこから、そばの杭にとまりました。
カワトンボ&シオカラトンボ
器用に、杭にとまりながら、カワトンボを頭からむしゃむしゃと。
ああ・・・
かくも厳しい自然界です。
で、再び水路の方を見ると、今、そんなことが起こった同じ場所に、
さらに、何匹ものトンボが産卵にとまっています。
カワトンボ
産卵している雌の警護のためなのか、
それとも、単にちょっかいをだしているのか?(笑)
雄がしきりとやってきます。
でも、ごめんなさい、どうしてもこの産卵を近くで撮りたかったので、
私がぐっとそばに寄ってしまったせいか、
彼はしばし、離れていきました。
カワトンボ
一番右のトンボは、翅もボロボロで、力をふりしぼっているようにも見えます。
一方、真ん中のトンボは、水の中に力強くぐっと差し込んで産み付けています。
カワトンボ
数メートル離れたところ、水路に渡した板の上には、
カップルのカワトンボが。
これは、もしかしたら、あの幸せのハートが見られるか?と、
少し見ていましたら、期待通り!(笑)
カワトンボ
いきなりの捕食シーンからだったので、
このハッピーエンドは、結構嬉しかったです(笑)
まぁ、シオカラトンボもこれから産卵に向けて、
ごちそうが必要だったでしょうし、
それはそれでよかったねって話なんですけどね(笑)
それにしても、ドラマチックなシーンの連続で、
カワトンボの一生が見られた気がする~!と、
センターで自慢げに話したら、
そうですね~、あと、羽化が見られたらね~と、藤野君。
ガーン!
ああ~、そうだよ、何がドラマチックって、やっぱり羽化シーンでしょ。
はぁ、でも、羽化って朝早いんでしょ?
私にはムリだ・・・(笑)
誰か、早起きな人、羽化シーン撮らないかなぁ(笑)
と、結局、他力本願なオチでした。
いや、しかし、何とかコンディション整えて、早起きして羽化シーン狙う?
気持ちはあるけどなぁ、起きれない・・・気がする(苦笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました