中池見の植物

気がつけば、トキワイカリソウ祭りに・・・

ここのところ、目立ち始めたトキワイカリソウです。
湿地林縁部の全域で、咲いています。
まだまだ蕾も多いなぁと、
後回しにしていたら、急に増えて、
気がつけば、周りはトキワイカリソウ祭り状態に(笑)

トキワイカリソウ 

林縁部を間伐したりして、明るい場所が増えたせいでしょうか、
例年より多い気がします。
トキワイカリソウ
船の碇の形のイカリソウ、
たいてい恥ずかしげに下向きに咲いていますが、
なぜだか、私を撮ってといわんばかりに仰向けの子がいて(笑)、
幸いとばかりに撮りました。
でも、意外とこの角度から見たら、
なんだか、モンスターっぽく見えちゃって、
でもって、一度そう思ってしまったら、
もうそうにしか見えなくなってしまった(笑)
ごめんなさい!!!
もう、仰向かなくていいですから・・・(笑)
トキワイカリソウ
こもれびの道を上がり切ったところの山際には、
スミレやショウジョウバカマに加えて、
このトキワイカリソウも咲いて、本当ににぎやかです。
わくわく山やシボラ道沿いにも本当にたくさん咲いて、
中池見の春を謳歌しているようですよ。

コメント

  1. 七七丸 より:

    明日は2週間ぶりだなぁ。楽しみです。
    トキワイカリソウはうしろ谷のお地蔵さんの向かい側、中山麓の水路沿いに、先駆けて咲くちょっと白っぽいのがお気に入りです。ようやっと「お祭り」状態なんですね。
    職場や職場の「裏山」のトキワイカリソウもようやく咲き始めました。

  2. スタッフuenoyama より:

    もし、うまく撮れたらと思っていますが、
    トキワイカリソウも、本当に色が様々で、
    濃いめのピンクから真っ白なものまで、楽しめますね。
    今年は全体に色が淡めな気がしますが、
    それはそれで何とも上品ですよね。
    白と言えば、シボラ道に昔から出ていた
    白のイカリソウ、整備工事で削られたんですけど、またちゃっかり湿地側の土手面に咲いてくれて、
    めっちゃ嬉しかったです~

  3. 七七丸 より:

    久々に訪ねましたよぉ。
    永巌寺~山の神~天筒山~月日の石~支洞という経路で訪ねたのですが、永巌寺から天筒山山頂まで行くのに4時間かかってしまいました。汗 この時期、永巌寺のジロボウルートは花が沢山だから。
    鳥越から中山に入りました。もうトキワイカリソウがカーニバル状態でした。うしろ谷のお地蔵さんに挨拶して、深山のイチリンソウとジロボウさんにご挨拶。シボラ道を蛇谷まで歩いて、白のイカリソウに挨拶しましたよ。ちょっとくたびれてました。
    閉園後にようやっと堀切の観察エリアに入りました。
    ご帰宅途中の増田さんに声かけられました。
    イノシシ除けの高電圧に気をつけて、と注意されました。
    イノシシ除けの電線はもう少し山の中に、ということは昔はやってましたよね。栗木谷にはその残骸があります。
    なかなか難しいかもしれないけれど、でも、山の中を人が歩く、というのは重要かな、と思います。
    山の中も楽しいので、是非、そういう呼びかけもしてもらえればなぁ、そう思います。

タイトルとURLをコピーしました