中池見の虫

ルリタテハの日向ぼっこ

寒暖の差の激しい春先、蛇谷の日当たりのいい土手の上に、ルリタテハと思われるチョウが、羽を広げて日光浴。

冬の間、どこかで寒さをしのいで、ようやく暖かい春の日差しを一身に浴びているようです。
ルリタテハはサルトリイバラなどを食草にしているそうです。
中池見の山際で、春先に黒っぽいチョウが飛んでいるのを目にしたら、きっと越冬したルリタテハだと思います。
体が黒っぽいのは、太陽熱を吸収しやすくしているからなのでしょうか。
名前のように水色の縞模様が綺麗です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました