活動・イベント

おかげさまで、ええもんになりました~!敦賀信用金庫の皆さんに大感謝です!!

創立80周年を迎えられた敦賀信用金庫さん、
その記念行事として、中池見でのボランティア活動をしに、
なんと、総勢80人以上でお越しくださいました。
本当にありがたいことと、
スタッフ一同、はりきってお迎えしました。
事前の打ち合わせでは、田んぼの準備の一環として、
江掘りをお願いすることにしていたのですが、
2月末に降った雪の影響がまだあり、
山からの水が多く、水路の水がひきません。
そこで、この冬の間に、山と湿地を行ったり来たりするイノシシのおかげで、
道が崩れ、狭くなったり、でこぼこになったりして、
歩きにくくなっていたシボラ道の道なおしと、
湿地の中のセイタカアワダチソウ抜きをお願いしました。
(画像大きくなります)

信金ボラ 

スタッフから作業についての説明。
こちらのスタッフも入れると、100人近くになります。すごい!
説明のあと、さっそく道具を持って作業場所に移動します。
こちらはセイタカ抜き隊
信金ボラ信金ボラ
リーダーさんのまだ新しそうな長靴の底が、
いきなり剥がれて(剥がれるもんですね!)大爆笑!
作業に向けて、楽しい空気づくりを演出してくださってありがとうございました(笑)
作業のしやすさと、湿地をいためないように、
あらかじめ敷いておいた板の上に並んで、
バケツリレー方式で、抜いたセイタカを運び出していただきました。
信金セイタカ抜き
ここからは、道なおし隊
信金ボラ信金ボラ
イノシシの出入りで道に崩れてきた土砂をよけたり、
その土砂を道の凹みに埋めたりという作業です。
信金ボラ信金ボラ
およそ、900m分の道なおしです。
前日に、150mごとにマーキングをし、
6つの班の皆さんに、1区画づつ担当していただきました。
信金ボラ信金ボラ
信金ボラ信金ボラ
場所によっては、この冬の間に落ちて積もった杉葉や、
木の枝を掃いたりも、していただきました。
バイパスに近い班のみなさんは、
道なおしよりも、ゴミ拾いの方に力を入れてくださっていました。
道沿いに落ちたゴミが、湿地の方にも落ちています。
信金ボラ信金ボラ
信金ボラ
作業の合間に、地元スタッフから、
昔の中池見の話に花が咲いたりして。
信金ボラ
道なおしが終わった班は、他の班の助っ人に合流。
信金ボラ
こちらは、戻ってきた道なおし隊の方に呼びかけて、
抜いて山になったセイタカアワダチソウを、
軽トラで運びやすい場所まで運んでもらっています。
信金ボラ信金ボラ
作業が終わった道。
これだけの人手をかけていただいたおかげで、
たった、1時間ほどの作業で、こんなにきれいになりました。
信金ボラ信金ボラ
ひどい凸凹もなくなり、足元を気にすることなく、
これからの花いっぱいのいい季節、
広い景色を見渡しながら歩くことができますね。
信金ボラ
カエルの卵やオタマジャクシを見ながら、
のんびり戻ってくる皆さん。
昨年復活した道の方を周っている方も・・・
タチツボスミレ
途中には、スミレの花がいっぱい!
アセビ
アセビの花も咲いていました。
信金ボラ
道具や長靴の泥を落とし、
お茶やお菓子で、一服中の皆さん。
この後、館長からお礼をお伝えし、解散となりました。
お天気がいいので、お昼からも来園される方も多く、
さっそく、気持ちのいいシボラ道を歩かれた方もおられました。
そして、これからたくさんの花が咲くシボラ道沿いを、
多くの方にゆっくりのんびり歩いていただくことができます。
また、たくさん抜いていただいたセイタカですが、
これからも、引き続き抜いていきながら、
今年の秋には、少しでもセイタカの黄色い花が目立たないようにしたいと思います。
それにしても、皆さん、本当にお疲れ様でした!
熱心な作業ぶりに、感服、そして大感謝です。
でも、きっと普段あまり使わない筋肉を使ったと思いますので、
明日以降、筋肉痛がひどくないことをお祈りしています(笑)
そして、どうぞこれを機会に、
気軽にちょくちょく遊びに来ていただければと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします~

コメント

タイトルとURLをコピーしました