中池見の風景

久々の晴天のもと、賑やかな小鳥たちに囲まれて歩く幸せな時間。

昨年3月に行われた、
中池見保全行動計画づくりのためのワークショップに参加くださった、
ラムサールネットワーク日本の呉地さんが中池見を訪ねてくださいました。
「外来種の駆除は頭では必要なこととわかっていても、
同じ命を粗末にするようでモヤモヤするんです」と、
ワークショップの懇親会で、スタッフナカガワさんが発した素直な言葉に、
「『駆除』だと思うから辛いんだよ、『収穫』だと思えば楽しくなるじゃない、食べちゃえ食べちゃえ!(笑)」
と、のたまったのが、呉地さんでした。
この一言から始まった外来種の活用プロジェクト、「外来種を〇〇してみよう!」は、
タンポポコーヒーや、セイタカアワダチソウ、ブタナ、メマツヨイグサのお茶づくりなど、
楽しい企画となって、秋祭りにも大変好評でした。
そんなことで、今日、呉地さんが来られるならぜひ!と、
スタッフuenoyamaとナカガワさんは、呉地さんに同行させてもらいました。
といっても、お忙しい呉地さん、今回はとにかく、
今、中池見で気になる後谷へ・・・
(画像大きくなります)
呉地さんと 
ちょうど、この場所を新幹線が通ることになっています、と説明。
新幹線は、中山(右手の山)のトンネルから深山(左手の山)のトンネルへと、
この後谷をまたいでいます。
そして、トンネルとトンネルの間、
つまり、この道や田んぼや水路の上を、
トンネルの様なボックスという大きな構造物が作られ、
その中を新幹線が通るという計画です。
お地蔵さん
後谷の真ん中に位置するお地蔵さん
深山からのいい水が落ちてくる場所にあります。
お地蔵さん下の水路
お地蔵さんの横の沢からのいい水が、この下の田んぼに使われていました。
放置され、荒れてなくなっていた水路が一昨年復活し、
昨年はこの下の田んぼも復活、この水路から水を供給していました。
フユイチゴ
道の斜面には、フユイチゴがまだたわわに・・・
後谷
いったん、中池見口まで出て、戻ってみます。
ここを訪れる方には、ぜひ、歩いていただきたい後谷の道。
そのために整備した後谷の駐車場から、
湿地に向かって歩いていただくとこんな景色に。
この谷沿いの林の中は、小鳥たちが賑やかにさえずり、
合わせて、小鳥の羽音や枝がこすれる音、
足元では豊かな水が水路を流れる音に囲まれて、
青空のもと、透き通った空気の中をゆったりと歩く、
こんな贅沢な時間は、久しぶりでした。
江尻
後谷からのゆったりと曲がりくねった昔からの道、
この狭い谷沿いの道から、湿地に出た時の開放感は、
何度味わっても、気持ちのよいものです。
呉地さんも何度も気持ちいい~!と、繰り返されていました。
ぜひ、多くの方にこの気持ち良さを味わっていただきたいと、
せつに願うとともに、
だからこそ、何とかこの場所の素敵さを失わないですむようにと、
大切な敦賀の宝を守りたい気持ちでいっぱいになりました。

コメント

  1. 七七丸 より:

    土曜日の朝はうろついているから、
    月曜日の深夜に福井テレビの座タイムリー福井の再放送を観ています。
    呉地さんがいらっしゃったのは
    コメンテーターとして出演なさるためだったのですね。
    あの番組にあっては、新幹線は是とする立場が貫かれているのですが、
    でも、中池見から福井の自然を考えようという番組を作り、
    新幹線の計画にも一応、焦点をあててくれたことには、
    少しほっとしています。

タイトルとURLをコピーしました