2013-01

中池見の両生類

これだけのいいお天気、ヒトもイタチも浮かれがち(笑)

全国的に快晴の今日です。中池見でも雲一つない青空にすぐにでも外に出たいところ、しかし、ツルッツルの路面。放射冷却でめっちゃ寒い朝です。ぼちぼちアカガエルの声でも聞こえんかしらと、午後、江尻に向けて出かけました。歩くには、いちいちずぼずぼとは...
お知らせ

2月の自然観察会のお知らせ ~初心者のためのバードウォッチング~

中池見人と自然のふれあいの里では、毎月第2日曜日の午前10時より、自然観察会を開催しています。2月の自然観察会は、昨年に引き続き、「初心者のためのバードウォッチング」です。雪に覆われた中池見、林縁部と湿地の水辺を行ったり来たりする小鳥たちの...
中池見の生きもの

藤野くんのウホウホ顕微鏡シリーズ⑥  ~マミズヒモムシ~

中池見には、本当にいろいろな生き物がいます。日曜日の午前中は雪も落ち着いたので、藤野くんがフィールドに繰り出していきました。またまた珍しい生き物を発見して来たので、ご紹介します。見つけて来たのがこれ↓(画像大きくなります。)マミズヒモムシで...
中池見の風景

膝までの雪をものともせず来られた皆さんに、青空のごほうび。

昨日一日降った雪の上に、昨夜から今日にかけて、さらに積もりました。除雪機をかけていないところは、50センチを超えています。そんな中、シニア自然大学の皆さんがご来園くださいました。しかも、こもれびの道をラッセルしながら!センターで中池見の概要...
中池見の風景

大雪です~只今除雪中!

昨日の午後から降り始めた雪、こんなんなりました~今も、時々地吹雪のようになって前が見えないほどになります。↓除雪機もフル回転させてます。
中池見の爬虫類

いいお天気に誘われて?雰囲気イシガメ親子登場

週末は大雪の予報ですが、午前中はそんな気配もない、いいお天気です。そんな天気に誘われたのか、水路の中にイシガメを発見。おっきいのとちっちゃいのだからって、親子ってわけでもないでしょうが、大きなカメの後を追いかけるようにチビガメがついていくの...
中池見の風景

春に向けての地道な作業が着々と・・・

雪もなくなり、お天気もよいので、おじちゃんたちが作業に来てくれています。今日は、以前、大阪ガス時代に、環境保全エリアとして整備された時の、さまざまな囲いや水路沿いの土留めなどの朽ちたものを取り払う作業。しかし、ご覧のとおり、周囲はイノシシに...
中池見の植物

「食べられるって」「食べてみたい!」「食べてみる?」・・・ちょっと美味しそうなカワモズク

1月も中旬、もうカワモズクが生えてきました。カワモズクは冬の間しか見られないのでこれを見つけるとすこしうれしくなります。しかもこれ、食べられるんです!まだ食べたことはないのですが、本当にモズクのような味がするようです。水中の様子を撮ってみま...
中池見の鳥

ゴイサギの若鳥

スタッフFくんが、センターのすぐそばで茶色いサギを見つけました。3年前の1月にも、すぐ近くでゴイサギの若鳥を撮影しているので久しぶりにデジスコを向けてみました。夜行性の鳥なので、人目のつく場所なのに、寝ようとしているようでした。近づくと顔を...
中池見の風景

うっすら雪化粧の今日、明日には雨で戻りそう。

昨夜からの雪で、中池見もうっすら雪化粧です。でも、明日には雨でこの雪も融けそうです。ちなみに、去年の今頃ってどうだった?と、過去記事を見てみたら、もう少し融け残りの雪が見えますが、案外、こんな感じですね。今年は、まだ、木道が木道としてしっか...
中池見の風景

雪がない冬、楽だけど寂しさ募る気がする・・・

東京では慣れない雪に大変苦労されているとのこと。一方、こちらでは、予報は雪でも、ちらつく程度で積もることがありません。雪がないのは、正直、楽です。でも、何だか雪のない冬の景色は、かえって寂しい気分が募る、寂しいだけでなく、なんとなく不安な気...
活動・イベント

2013年最初の観察会~フィールドサインを探そう~

今年最初の自然観察会(1/13)の様子です。今回は、フィールドサインを探そう、ということで、講師は、哺乳類、特にニホンザルの研究者で、くらしといきものワークショップ事務局の千々岩哲(ちぢいわあきら)さんです。千々岩さんは、総合学術報告書にも...
タイトルとURLをコピーしました