中池見の風景

七曲江沿いのつきあたりは、黄色に染まったススキの原っぱがきれいです。

毎日のように通っていても、
なかなかゆっくり、湿地を一周なんてできなくて、
シボラ道も後谷も、そしてこの七曲も、
それぞれを、時間気にしながら歩くことが、どうしても多いです。
しかも、この時期なかなか北陸地方は、晴れが続きません。
今年は特に、と感じるのは、私だけでしょうか。
とにかく、せっかくのいい天気になった今日こそはと、
朝のうち、七曲を歩きました。
七曲 
ここから、うねうね道が始まります。
少し高いので右手には池がきれいに見えますよ。
七曲
朝だからでしょう、小鳥たちがとても賑やかです。
私のカメラでは、そのすばしっこい子たちは捉えられませんが、
すぐ足元の水路のそばから、左手の林縁へと、
行ったり来たりを繰り返しています。
七曲
道のすぐそばを水路が通ります。
仮設道路が通された際に、水道がふさがれ、
復活できるかわからない水路ですが、
それでも、けっこうな流れがありました。
流れがあるからには、どこかに水道がつながっているのだろうと思いますが。
七曲
落葉を踏みしめて道のひらける場所にでると・・・
七曲
右手にススキの群生が広がります。
葉が黄色く染まっています。
七曲
2年続けて抜いている成果だと思いますが、
目立つセイタカもなく、
ススキの優先する原っぱになっています。
その鮮やかな黄色い群落を、
もっとゆっくり見ながら歩きたいと、
後ろ髪引かれながら、振り返り振り返りして帰りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました