中池見の生きもの

第4次レッドリストと中池見の生き物

環境省から第4次レッドリストが発表されました。

2007年から5年ぶりの改定で、マスコミでは、1970年代には
生息していたニホンカワウソが絶滅したということが
取り上げられていました。
たくさんの生き物でランクの変更がありました。
その中で、中池見に関連した生き物について
ピックアップしてみました。
【絶滅危惧Ⅱ類から絶滅危惧ⅠB類になったもの】
 オオアカウキクサ
中池見のオオアカウキクサは2か所の生育地が現在は確認されなくなり、
残り2か所も心配な状況です。全国的にもⅡ類からⅠB類ということは
生育地が減っているのだと思います。
   (オオアカウキクサ 2010.4.24撮影)
【準絶滅危惧から絶滅危惧Ⅱ類になったもの】
 サンショウモ、ゲンゴロウ、マルタニシ
中池見ではここ数年、サンショウモ、ゲンゴロウは確認されていません。
オオタニシは多いですが、マルタニシは意外と少ないと思います。
【新たに準絶滅危惧になったもの】
ニホンイシガメ、トノサマガエル、ガムシ、クロゲンゴロウ、
シマゲンゴロウ、キベリクロヒメゲンゴロウ、キイロサナエ
イシガメやトノサマガエルは中池見ではよく見られますが、
水生昆虫はしっかりとした調査が必要と思います。
ゲンゴロウの仲間が、どんどんレッドリスト入りしているところが
水生昆虫の危機的状況を示しています。
(シマゲンゴロウ 2010.9.10撮影ピンボケですが…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました