中池見の植物活動・イベント

厳しい暑さの中でも、みんなで抜けば何とかなりそう、外来種駆除

昨年、整備工事が入った中江です。
中江道は、工事が入る前には、
水面が道にすれすれで、道と水路の区別がつかないほどに、
ジュクジュクの状態になっていました。
水路の浚渫をして、水が流れるようにし、
蛇谷側からの水が道に溢れないように、
昔から入れられていた管を新しくしました。
道に入れた土も、後谷から持ってきた土で、
セイタカアワダチソウが生えることは想定していました。
ところが、セイタカアワダチソウ以外にも、
メマツヨイグサやコモチナデシコ、ブタクサなど、
工事用道路に出ている外来種が、生えてきてしまいました。
とらなくちゃと思いながら、
中江道は、陰がなく、しかも400mはあります。
この炎天下、外来種駆除に行くには、相当過酷、というよりは、
危険ですらあります。
というわけで、今日の朝一で、中池見会の皆さん全員と、
事務所のスタッフとで一斉にとりに行きました。
駆除に専念しようと、カメラを置いてきたので、
スタッフNさんが携帯で撮ってくれた画像です。

中江の外来種駆除 

抜けるような青空。美しいけれど、殺人的です(苦笑)
ヨシ原の方には、アメリカセンダングサがたくさん見えますが、
これをとっていると、キリがなくなるので、
今日のところはあきらめました。
この酷暑の中でも、ワイワイみんなでしゃべりながらの外来種駆除は、
けっこう楽しくできました。

中江の外来種駆除
駆除に一生懸命だったのと、
後半は暑さでヘロヘロになり、撮る余裕は残っていませんでしたが、
整備工事の時に配慮して残してもらったヌマトラノオの群落は、
きれいに咲き、ノギクも合わさって、何ともいい風情になっていました。
ぜひ、中江道に見に行ってくださいませ。
ただし、本当に本当に暑いですから、
熱中症対策は十分になさってください。
中江突き当りの工事用道路まで、
もう少しのところまで行きましたが、そこが限界。
それでも、みんなでとりに行ったからで、
2~3人ではとても真ん中までもたどり着けなかったと思います。
正味45分くらいの作業でしたが、
軽トラいっぱいにとることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました