中池見の植物

フサフサ並んでます、オカトラノオ

中池見の中で見られる「虎の尾」は、
オカトラノオ、ヌマトラノオ、ミズトラノオですが、
その中でも、一番、しっぽっぽい(笑)のが、
このオカトラノオです。
湿地周辺の斜面の何か所かでかたまってあります。
それぞれ、少しづつ時期が違うようで、
時間差で咲いてくれているので、長く見ることができそうです。
オカトラノオ 
これは、蛇谷から鳥越にかけての曲がり角。
フサフサと並んでますね。
オカトラノオ
大きく目立つお花ですが、
このように小さなお花がたくさん集まっています。
ヌマトラノオも現在、スタンバイ中。
山側に咲くオカトラノオに対して、
湿地の中にヌマトラノオは咲きます。
ついでにいえば、ミズトラノオは、
もっと水気が多い場所、そんなイメージです。
ちなみに、オカトラノオとヌマトラノオは、サクラソウ科、
ミズトラノオも同じ仲間かと思いきや、こちらはシソ科だそうです。
センターの近くのオカトラノオは、もうちょっと先かな?
ヌマトラノオも楽しみです~

コメント

タイトルとURLをコピーしました