2011-08

中池見の植物

この咲きっぷりはどういうこと?!花満開のアブノメに目が点(ホントに)

いつも見るミニ田んぼのアブノメは、めったに花は咲かせず、咲いたとしても、先っちょに遠慮がちに、ちっちゃな紫の花を1つつけているだけ。閉鎖花でもういいやって思っちゃう、あきらめの早い草なのかな、なんて思ってましたけど・・・すいませんでした!咲...
中池見の植物

フユイチゴ 得した気分! 花見つけ (川柳ブーム)

名前がフユイチゴだからということもある、とてもおいしい実だから、実を楽しみにしてしまうということもある、にしても、いつも気がつけば、花は時期を過ぎて、ああ~~、花見るの忘れた~~と、悔しい思いをする、そんな、実の方が楽しみにされがちな植物の...
中池見の虫

バッタのパフォーマンスは確かに注意喚起には貢献した。

黄色い看板にぶら下がる、バッタのカップルを発見。カワイイ~、オモシロ~イ、ナンデ~?・・・と、バッタのカップルを観察&撮影してたけど、この看板って・・・『落石注意』皆さん、『落石注意』のある場所には、できるだけ長く留まらず、すみやかに通り過...
中池見の植物

ミズトラノオ、見頃がきてます~

今年は、湿地内のあちらこちらに、ミズトラノオの群落を見ることができます。花期の短い花ですが、場所によって育ち具合が違うので、いつもの年より多く楽しめそうですね。現在、センター前の群落が見頃です~
中池見の植物

ヒョウホンツクレトカムリダカラ に改名したい、ママコノシリヌグイ・・・(涙)

「標本によさげなママコノシリヌグイ咲いてたよ~」の声に、勇んで標本採取に行ったけど、・・・どうすんの、これ~・・・トゲだらけの上に、周りのツルと絡みまくってる。こんなのでお尻拭く前に、こっちの手が傷だらけやん・・・と、ブツブツ言いながら、し...
中池見の虫

卵を産むのに大忙し!オニヤンマの眼中には何もない

毎月の植物の調査、絶滅危惧種が勢ぞろいするこのポイントには、元気なデンジソウに、トチカガミに、ミズユキノシタに・・・おっきなオニヤンマ!わいわい言う私たちのことは全く眼中になく、熱心に産卵を続けるオニヤンマです。
中池見の植物

水辺にミソハギ、道端にはツリガネニンジン。となると、夏もそろそろ・・・な気配。

盆花と呼ばれる、かわいいピンクの花、ミソハギですが、中池見で咲き始めるのは、お盆を過ぎた頃。池の水際や、休耕田やヨシ原の下がジュクジュクしているような場所に、多く見られます。また同じ頃、山際の里道を歩いていると、道端にはツリガネニンジンが、...
中池見の植物

これがウリカワの花・・・オモダカそっくり!

過去に確認されているウリカワですが、でも、地元のお百姓さんに聞いても、知らんと言われてしまったウリカワ。私も、意識し始めてから見た事がありませんでした。それが、どうやら目の前のミニ田んぼにあるみたいとスタッフFくんが見つけて、花が咲くのを楽...
中池見の風景

子ども探検隊、雨にも負けず大活躍!

8/20は、福井新聞社の「みらい・つなぐ・子ども探検隊 敦賀編」ということで、 県内各地から37人の子ども探検隊の皆さんが、中池見に来てくれました。 【センターでのオリエンテーション】 中池見での探検メニューは A:センター・...
中池見の風景

田んぼの未来

市内の保育園の母親クラブのお母さんたちが、ミニ田んぼの草取りに来てくれました。コナギは踏んづけて、大きいオモダカは抜いてもらい区画内のミズトラノオとヒメビシは採らないでとお願いしました。絶滅危惧種とイネが共生する田んぼです。お母さんたちに混...
中池見の魚

近畿大学から水生生物調査に来られました

【ホトケドジョウ】 近畿大学大学院の水圏生態研究室の院生さんたちが、 中池見の水生生物の調査に来られました。 昨年からのご縁ですが、 今年は地球環境基金の助成を受けての調査です。 夏に水生生物の調査というのは、 いかにも涼...
中池見の植物

コバギボウシ咲いています。

花の少ないこの時期に咲いてくれる嬉しい花、 結構存在感もあります。 花は一日花だそうで、下から咲いていくようです。 上の方にまだ蕾が見えますから、 毎日楽しめますね。
タイトルとURLをコピーしました